『復刻生産をした瀬戸焼窯元の青白磁の器』

■器:kawasho青白磁、■おすすめする人:深山 松崎社長

「これは語っても良いのかな?」紹介する青白磁の器は元々は愛知県瀬戸市にあった【川昌製陶所】が製造していた器という深山の松崎社長。

『川昌製陶所との交わりを語る松崎社長』

2018年、共通の顧客やデザイナーを通し交流のあったその窯元が廃業すると聞き、「様々なオリジナル製品を作っていたのを知っていたし、世に送り出してきたのにもったいない!」と思い、型を頂き深山で継続できるものがないかと川昌製陶所に掛け合いに訪れたそう。実際に行くと、種類がものすごくいっぱいあったので何度も川昌さんに相談してその中から60アイテムほど選んだそうです。

『ガラス質の多い磁器は光に透かすことで視ることができ、器の厚みを確認できる。指が透けるほど薄く作られた【locube22㎝タマゴ鉢】*復刻前』

問題はここから。型を借りて試作してみたら「こんなのどうやって作るの?」ってくらい独特な形状がいっぱい。すごく薄かったり、ろくろで引いたそのままの形状だったり。こんなのちゃんと作れるの?と不安だったが、試作をしてみたら、不思議なくらい普通に作れたとのこと。作り手だからわかる形状のセオリーみたいなものがあるんですが、川昌さんの製品はそれを上手に破っていて。自分たちにはない発想の形状でだったそうです。

『復刻した【locube22㎝タマゴ鉢】ものすごく薄く仕上げられた軽やかなうつわ』

釉薬も同じく。すごく良い青白磁だが焼成温度帯の幅が狭く、そこに合わないとうまく焼けないため、釉薬メーカーと共に開発してやっと作れるようになったという事。それでも、窯の温度は変えなければいけなかったので1300℃以上にならないよう調整して焼いている形を作る上でも、うつわを焼き上げる上でも、深山のものづくりと川昌製陶所のものづくりを掛け合わせながら生まれた、今までにはないものづくり。

『復刻前の【sooo】シリーズのカップには持ち手があるマグカップ。青白磁が映える繊細なボーダーのレリーフが特徴』

『復刻後【soooカップ】は取っ手が無くデザートボウルとしてもお使い頂けます』

レストランなどのプロユースが中心の器の中から、家庭使いとも調和するのではとご紹介するのが、軽やかな和モダンのうつわ「locube(ロクベ)」、青白磁のグラデーションが美しい「sooo(ソウ)」、そして折り紙からなる多面体のうつわ「origami(オリガミ)」のカップなど。

『復刻した川昌製陶所の器の多くはレストランなどのプロユースの器』

最後に松崎社長から「今思えば、川昌さんの作風と通じるところは多かったですね。磁器の製品なんだけれど手作り感がどこか残っていて、鋳込みという製法を行っている身としては、共通点がありました。好きな人からはものすごく愛されている製品が多かったので、復刻生産として受け継ぐことができてよかったです。」と(おわり)

(取材:2020年12月12日)

■ご購入はコチラから(outstanding products storeへ)

●locube20cm丸皿 ¥2,200

●locube22cmタマゴ鉢 ¥3,960

●locube17cmタマゴ鉢 ¥1,980

●origami11.5cm菓子皿 ¥1,210

●origami面取りカップ ¥1,980

●sooo26cmパスタ皿 ¥3,300

 

 

 


・・・・・參窯ミノウエバナシ contents・・・・・

●ブログ「三窯行えば、必ず我が師あり」
●ブログ「うつわ、やきもの相談所」

●作り手に聞いてみたかったことがある》》》 ご質問はコチラへ

●オンラインストア「outstanding products store」
 ●イベント案内「歓迎/出張ミノウエバナシ」

産地でのファクトリーツアーや消費地でのワークショップなど、リアルなイベントのご紹介です。

●コラム「ノグチサンのミノウエバナシ」

●參窯(さんかま)へのお問い合わせは 》》》 こちらへ



 

関連記事

PAGE TOP