●論語の『子いわく、三人行なえば必ず、我が師有り、其の善なる者を択びてこれに従い其の不善なる者にして、これを改む』から名付けた【三窯行えば、必ず我が師あり】では、毎回異なるテーマのもと、三つの窯元の作り手それぞれの想いを自身の言葉で語らいます。結論があり、必ずまとまるわけでもありませんが、ものづくりに携わる作り手の語らいから、何かが皆さんに伝わると嬉しいです。

 

●三窯行えば、必ず我が師あり 記事一覧

■第二回座談会「作り手として感じる、それぞれの窯元の凄味」2月15日~掲載

■第一回座談会「參窯のはじまり その①~④」1月15日~掲載

■2021/1/15 『參窯のはじまり』その①やきものの今:いよいよ作り手である三つの窯元(続きを読む)

■2021/1/15 『參窯のはじまり』その②三つの窯が集う意味:三社なら!というお話がありました(続きを読む)

2021/1/15 『參窯のはじまり』その③共に行いたいこと:そうして今回三つの窯が集ったわけで(続きを読む)

■2021/1/15 『參窯のはじまり』その④他の窯に聞きたいこと:ウェブだけでなく、実際に(続きを読む)

‐その他の記事一覧‐

●(ブログ)うつわ、やきもの相談所 記事一覧

●(オンラインストア)outstanding products store ブログ記事一覧

●(ブログ)ノグチサンノミノウエバナシ 記事一覧

PAGE TOP